反射シートが使われている場所や基本的な付け方など

外に立てかけてる看板など、道路標識の視認性を高める技術があります。
最近ではこの技術はいたるところに使われています。
私たちの身近でもこの技術が使われていて道路標識や、夜間作業で警備員などの服にもこの技術が使われています。
夜だと車のライトを当てると光を反射させて、夜など視認性が落ちることもなく、暗い場所など道路標識を見やすくしたりできます。
そういう技術を使って商品化したのが反射シートと呼ばれるものです。
この反射材を使ったシートは普通に商品として売っているので、個人でも使うことが出来ます。
大きさは様々で、傘や自転車、服、ペットの首輪などにつけて夜など交通事故防止に役立っています。
自転車で反射シートを付ける場合、自転車のボディ面なら基本的にはどこでもいいです。
車輪には反射板が大体ついていますので、ここは気にしなくても大丈夫です。
自動車の場合、いくらか決まり事があって、前面だと目立たないもの、三角以外の形の物で文字ではなく、白色で反射する物などです。
側面だと乗用車は特につける必要はなく、後方だと三角以外の形の物から文字ではないもの赤で反射する物です。
車の場合は色々規定があるので使う前に調べておくと確実です。

Copyright(c) 反射シート All Rights Reserved.